2020.10.19

【坂出】天体観測

だるまさん、バトンありがとうございます。
DIY素敵ですね✨アンティークな感じの塗装がまたオシャレです✨
私は昔から不器用で工作とか苦手なので、尊敬します😆

さて、コロナで生活様式も色々見直されていますよね。
不便な部分もありますが、逆に快適に感じる事もあります。
先日子供と映画を観に行ったんですが、蜜を避けるため
一つ空きでしか席を取れないようになっていました。
自分の前後左右は空いている状態です。
子供はもちろん、背の低い私のような大人も、前が空いてると
視界が開けてめっちゃ快適やん!⤴と思ってしまいました。

他にもコロナの影響と言えば、春から夏にかけて学校や
子供会行事がことごとく中止や延期となり残念に思って
いましたが、屋外行事なら、と
9月に子供会で初めてとなる天体観測会が行われました。
ちょうど10月にかけて火星が接近するとの事で、月や
火星、木星に土星まで見ることが出来ました。
考えてみれば当たり前ですが、同じ倍率の望遠鏡では、
月は鮮明に見えても、
火星や土星は形こそ判別出来ますがとても小さくしか
見えませんでした。
調べてみたら、地球から月までの距離は38万キロ、
土星までは15億キロ‼もあるそうです。
想像も付かないほど遠くの星が見えるなんて凄いですよね✨
以来、暗くなってきたら子供と夜空を見上げて、赤く光る
火星を見つけるのが日課になりました。

興味が沸いて色々ググっていたら、昨年は世界で初めて
ブラックホールの撮影に成功したという写真が出てきて、
地球上からブラックホールが見えるなんて
もはや凡人には意味が分からないけれど、
宇宙へのロマンは少し分かった気がしています。

_20201018_134121.JPG
望遠鏡越しの月🌙

お次はせんべいさん、お願いします🎵
コロナの影響、どんなところで感じてますか?

以上、キョロでした。
posted by 日積staff at 10:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする